三毛猫タビと茶トラのテト


by kswan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タビテト通信 Vol.1

※この記事は、2匹が来た2007年12月20日から、ブログが立ち上がる2008年1月4日までの間、「ちゃとらとはちわれ」のコメント欄で報告させていただいた記事を転載したものです。

--------------------------------------------------------------------------------
おはようございます。
さっそく簡易版タビテト通信です。
簡易版なのにかなり長文です。すみません。。。

昨日はその後、タビテトはずっとコタツの中で寝ていました。

しばらくしてテトちゃんが出てきたので、おもちゃで遊んでいると、だんだんと慣れてきたのか、「ニャ、ニャ」と言いながら甘えてきました。
d0142117_041616.jpg

小一時間ほど遊んだあと、ニャ、ニャ言いながら1階をせわしなく探検しはじめたので「トイレかな?」と思って連れて行きましたが、違いました。

ふと時計を見ると、ぴんぐさん、ぴんがさんから教えてもらったゴハンの時間。
「ごあ〜んかな〜?」と声をかけると、一目散にきました。
まさに猫まっしぐら。
「うんま、うんま」と出したゴハンを半分ほど食べました。
ゴハンを食べて落ち着いたのか、テトちゃんふたたびコタツの中へ。

実はその間も、タビちゃんはずっとコタツの中。
まだ家に慣れていないと見えて、まったく出てきません。
しようがないので、テトちゃんのゴハンの残りを、コタツの中に入れておいてみました。
d0142117_0424117.jpg

30分ほどしてからのぞくと、お皿はきれいにからっぽ。
どちらが食べたのか不明ですが、とりあえず昨日はそのままそっとしておきました。

年末でまたしても仕事が忙しくなってしまったダンナは0時ごろ帰宅。
一緒に遊びたかったらしく、コタツにもぐって2にゃんのご機嫌を一生懸命とってましたが、テトちゃんは眠く、タビちゃんは警戒中で全然構ってもらえませんでした。
がんばれダンナ。

いろいろ気にかかることはありましたが、結局ゆうべは寝るまでそんなふうにでした。

今朝6時過ぎ、2階の寝室で寝ていたら、「ニャ、ニャ」とか細い声が。
「はーい」と返事をすると「ニャ!」と言いながらテトちゃんが入ってきました。

起きると、テトちゃん甘えまくりでゴロゴロ言いながらまとわりついてきます。
全然離れようとしないので、一緒に2階の探検につきあってから1階へ。

「トイレどうかな?」と思いながら見ると、きれいなシッコ玉ができてました。
よかった〜と思っていると、テトちゃんがトイレの中へ。
テトちゃん、おしっこしていました。
どうやらテトちゃん、トイレを探していたようです。

ということは、このシッコ玉の主はタビちゃん? コタツから出られたのかな?
と淡い期待を抱きつつ、テトちゃんがコタツの中に入るのを見届けてから、私も寝室へ戻って一眠りしました。

いま2にゃんは、相変わらずコタツの中。
さっきまで人間も一緒にコタツを使っていましたが、どうもタビちゃんがビビリ気味なので、和室全部を臨時の猫部屋にすることにしました。
d0142117_0444794.jpg


和室の中にトイレもゴハンもおもちゃもベッドも入れて、コタツもそのまま使ってもらってます。
早く慣れて、いままでみたいに元気に遊び回ってくれるといいのですが…。


ぴんぐさん、ぴんがさん、昨日は遠路はるばるおこしいただきまして、ありがとうございました&お疲れさまでした。
帰りは迷ってしまったんですね。
猫さんたち、ゴハンが遅くなってしまって、怒ってませんでしたか?

タビちゃんもテトちゃんも、まだまだ本調子ではなさそうですが、なんとか早く打ち解けてもらえるよう頑張ってみます。
タビちゃんが今朝もゴハンを食べてないのが気になっています。
なんとか食べてもらいたいと思って、ささみもトッピングしてみたんですが…。
まだまだ小さいから、入院したときのテトさんみたいに、衰弱したらどうしよう。。。と不安です。
なにかアドバイスがあれば、ぜひ教えてください。


それから、ぴんぐさん、タビテトが長くぴんぐさん宅にいたことを抗議されてしまったんですか?
困ったな。。。
タビテトを、お留守番できるくらい大きくなるまで育てていただいたのは、私がお願いしたことです。
猫を飼うのが久しぶりであること、子猫は体調が不安定なため私に面倒が見切れるか不安なこと、週に何日かは家をほぼ終日留守にすることなどをぴんぐさんに相談させていただいて、この2にゃんにとって一番良いと思われる方法をとらせていただきました。

ぴんぐさんが「私のわがまま」と表現されたのは、謙遜されてのことと思います。
むしろ、わがままを言ったのは私のほうです。
私でなければ、もっと早く引き取れたかもしれません。
お忙しい中、この2にゃんをここまでしっかりと育て上げていただいて、私は感謝しています。

とここまで書いて。。。
まだまだ書きたいことがあるのに、すでにコメント欄とは思えない超長文。
ほんと、すみません。。。
はやいとこブログ立ち上げなきゃ!

今日もタビテトのご機嫌取りがんばるぞー。
[PR]
by kswan | 2008-01-05 00:45 | タビテト