三毛猫タビと茶トラのテト


by kswan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タビテト通信 Vol.2

※この記事は、2匹が来た2007年12月20日から、ブログが立ち上がる2008年1月4日までの間、「ちゃとらとはちわれ」のコメント欄で報告させていただいた記事を転載したものです。

--------------------------------------------------------------------------------
おはようございます。

大丈夫ですか、ぴんぐさん。
なにがあったかは想像するしかできませんが、あまり思い詰めないでくださいね。
私もこのブログ大好きです。
たくさんの愛と優しさと命にあふれていて、読んでいくうちにいつも笑顔になります。
私は、ぴんぐさんぴんがさんの姿勢を尊敬しています。
タビテトに会いたくなったら、いつでも遠慮なくいらしてくださいね。
家族全員で歓迎します♪

さて、では、ぴんぐさんからもコメント欄使用許可が下りましたので、調子に乗ってタビテト通信をさせていただきます。
今日もずうずうしく長文になっちゃいました。申し訳ありません。。。

昨日はタビちゃんがお昼過ぎにゴハンを食べてくれたあと、2にゃんは相変わらずコタツの中でお昼寝。

夕方、夕飯の支度を始めようとしたら、テトちゃんが起きてきました。
「ニャ!ニャ! ゴロゴロ…」と近づいてきていつものように抱っこを要求してきます。
ぴんぐさんのおっしゃるとおり、本当に甘えん坊でやんちゃです。
抱っこすると、私の指を小さな舌でなめたり、ガジガジしたりします。

30分ほど、ぴんぐさんぴんがさんに嫁入り道具(?)としていただいた羽じゃらし(というのでしょうか?)で一緒に遊びました。
テトちゃん、この羽じゃらしが大好きなのです。

その後、オットマンとソファに遊び相手を交代してもらい、私は夕飯の支度。
クッションの間に羽じゃらしの柄をはさんでおくと、テトちゃん盛り上がってテトパンチの嵐を見舞わせます。

夕飯の支度が済んだので、今度はタビテトにゴハンです。
テトちゃんはもちろん旺盛な食欲で「うんま!うんま!」と食べました。
タビちゃんもコタツから出てきて「うんま!うんま!」食べてくれました。
タビちゃんがゴハンを食べられるようになって、本当にほっとしました。

食後、2にゃんは家中の探検です。
2階へ行ったり1階へ戻ってきたり、また2階へ行ったり。
どうやら2にゃんは2階の寝室を気に入ったようです。ずっと中で遊んでいました。
d0142117_0532111.jpg


そうこうしているうちにダンナ帰宅。
夕食後ソファに寝転ぶダンナに、近づくテトちゃん。
まずは匂いをかいでチェックです。
そこでダンナが羽じゃらしを動かすと、とたんに遊びモードにスイッチが入りました。
どたんばたん、どたんばたん、本当に元気に遊んでいます。
その音につられてなんとタビちゃんもコタツから出て、一緒に遊びはじめました。
1時間以上、3人で遊んでたでしょうか。
おどろくべき進歩です!
やったねダンナ ( ̄ー ̄)v ブイ!

ただそのころから、タビちゃんは1人で探検に出かけると「ニャ〜ン」とか細い声で鳴いたり、「ナー!」と悲鳴のような声で何度も何度も鳴くようになりました。
もしかしたらホームシックかな? とダンナと話しました。

つい昨日の朝まで、優しいお兄さんたちに守られて、可愛がられていたのに、気がついたらテトちゃんと2人きり。
モカにいたん、ムギにいたん、ぽぽにいたん、どこにいるの? と探していたのかもしれません。
そう思うと、切なくて、可哀想で、いじらしくて涙が出ました。
「がんばってね、タビちゃん。怖くないよ。安心していいよ」
何度もそう声をかけました。
まだ私たち人間には慣れていないので、なでてあげることもできません。
近づくと逃げてしまうのです。

でも、そんな状況を見ていたテトちゃんが一肌脱いでくれました。
タビちゃんが鳴きはじめると、タビちゃんのところへかけよっていきます。
まるでなぐさめてあげるかのように、そっと寄り添って、一緒にいてあげているんです。

テトちゃんは人間大好きだから私たちに甘えたり、一緒に遊んだりしたいのですが、タビちゃんが鳴きはじめると、すぐにタビちゃんの近くに行ってあげるんです。
そして、私たちのいるリビングまでタビちゃんをつれてきます。
甘えん坊でやんちゃで天真爛漫なテトちゃんも、とってもよくわかって気を遣ってくれているんです。
そのけなげさに、またしても涙。

昨晩は私たちが寝るまでそんな状況でした。

明け方、テトちゃんがゴロゴロ言いながら、ベッドの中に入ってきました(!)
最初はダンナと私の間に寝ていたのですが、寝心地が悪かったのか、私の体の反対側に来て私の腕と体の間に落ち着くと、私の手で遊んだり、ちょっとウトウトしたりしています。

:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*:  カンゲキ!

しばらくするとテトちゃんベッドから出て、「ニャ!ニャ!」となにか訴えています。
「?」と思いながら私も起きてついていくと、テトちゃんトイレへ。
トイレに一緒に行きたかったのでしょうか…?
猫には謎がいっぱいです。

外はもう明るくなっていたので、今朝はそのまま起きることにしました。
いま2にゃんは朝ご飯をもりもり食べて、またしてもコタツ猫になってます。
[PR]
by kswan | 2008-01-05 00:56 | タビテト