三毛猫タビと茶トラのテト


by kswan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タビテト通信 VOL.8

※この記事は、2匹が来た2007年12月20日から、ブログが立ち上がる2008年1月4日までの間、「ちゃとらとはちわれ」のコメント欄で報告させていただいた記事を転載したものです。

--------------------------------------------------------------------------------
こんばんは。

テーブル猫のモカさんの顔、目がまんまるで、輝いていて、とても可愛いですね。
いつもは優しいお兄さんしているのに。

すみません、「タビテト通信」すっかり遅くなってしまいました。

実は今日、大事件がありまして・・・。
タビちゃんが行方不明になってしまったのです。

今日は私の兄家族がタビテトに会いにきてくれたのですが、
兄の家も猫を飼っているためほかの猫の匂いがするのか、
タビちゃんが家の中のどこかに逃げていってしまったのです。
(テトちゃんは相変わらずのマイペースで、安全地帯のコタツの中にこもって寝ていたのですが)

夕方、兄家族が帰ったあとも、タビちゃんの姿が見えず、ダンナと家中を探しまわったのですが、どこにも気配も姿もなく…。

まさか、と思いつつも、外を探しはじめました。
あたりはもう暗く、寒く、もし外に行ってしまっていたら、
さぞかし怖く、寒い思いをしているだろうと思い、
いたたまれない気持ちで名前を呼び続けました。

でも、タビちゃんの姿は見えません。

ときどき家に戻って家の中を探しても、相変わらず気配すらしません。

外に探しにいったり家に戻ったりすること1時間半、途中、年内の仕事の残務処理が残っているダンナを送り出し(ダンナも相当顔色を悪くしながら出かけていきました)、神様や亡父に「どうかタビちゃんが無事に戻りますように」と祈ってから何度目かの家の中探索を始めると、、、

タビちゃん、いました!

ロフトの棚の上でいつものように寝ていました。
ダンナも私も何度もロフトも探したのですが、そのときは見当たらなかったのです。

ウチはつくりつけの収納が多く、家具が少ないのでそれほど隠れる場所もありませんし、その収納も、すべて扉を開けて探したのですが、まったく見つからなかったのです。

いったいどこに隠れていたのでしょう。。。?
猫は魔法使いですね。

とにかく、見つけたときの安堵感といったらありませんでした。

そのときはテトちゃんも一緒に2階へ上がってくれていたので、ポケットに入れておいた猫じゃらしで(外で見つけたらこれで引き寄せようと思っていたのです)その場でひとしきり遊びました。

探しているときは、ウチに来たときから今日までの10日間の想い出が、どんどんどんどんこみ上げてきて、たまらず叫びたい気持ちでしたが、そのときはほっとして、うれし涙が出てきました。

すぐにダンナにメールすると、電話が。
彼も心底ほっとし、嬉しそうでした。

タビちゃん、テトちゃん、あなたたちはこれから幸せにならないといけないんだから、家族全員で一緒に幸せになるんだから、もうどこへも黙っていかないでね。

今日はひとりごとみたいなタビテト通信、長文、失礼いたしました。
まだタビちゃんを探していたときの気持ちと、見つけたときの気持ちがないまぜになって、気分が高ぶっているみたいで、冷静な文章が書けないみたいです。

いま、タビテトは猫団子になって、幸せそうに、無邪気に、抱き合って眠っています。
d0142117_1304094.jpg

[PR]
by kswan | 2008-01-05 01:31 | タビテト